冬期がシーズン!女性によい栄養分完璧のホウレン草を食べつくそう!

スーパーマーケットなどで年間通してお目にかかる緑黄色野菜のひとつである「ホウレン草」。旬は冬の12月~1月の時期だってことご存じでしたか?旬の期間に食べるホウレン草は甘みがとても強くて味が濃ゆいのが持ち味。そのホウレン草の美のポイントをご紹介していきます
日本のホウレン草って根本が赤みがかってて、りんとした活力ある緑色の葉が真っすぐに伸びているものが大半です。これは西洋種と東洋種の掛け合せで産まれたことが知られています。
最近ではサラダで生で食べることができるように向上された柔らかい「サラダホウレン草」も人気。これは世間一般のホウレン草と比較して茎の部分が細く葉も小さめ。そしてアクも少なくとても柔らかいため、ホウレン草特有の青臭さが嫌いな方でも美味しく食べていただくことが可能です。ベビーリーフの中にある赤い茎の「赤茎ホウレン草」もサラダの彩りとして欠かすことが出来ない品種になります。

真冬に食べたくなるホウレン草はやはり「寒ちぢみホウレン草」ですよね。別名「寒締めホウレン草」とも言われます。寒ちぢみホウレン草は、穫り入れる前に5℃以下の寒さに意図的にさらす事により水分が減少して糖質が増すことでグンと甘さが増すのです。かつピンと天に向かって延びていた葉がキュッと引き締まって左右に広がって、分厚く丸さを帯びた形に変わります。
その通常とは違った様は、見かけ上「ホウレン草」とは信じがたい姿のようですがこれがまるでおいしいってご存知ですか?もともと甘さの強いホウレン草なのでしゃぶしゃぶのように10秒ほどさっさと熱湯やお出汁に浸すだけでも美味です。オリーブ油類やバターで炒めて単純に塩コショウで召上るのも良いですよ。見掛けたらどうぞお買い求め下さい!季節の味覚です。

ホウレン草の栄養価をおさらいです。アンチエイジングや美肌作り、貧血症阻止など女性に心嬉しい栄養が満載です。
ホウレン草に含まれるビタミンA・C・Eには抗酸化機能がずいぶん高く、細胞の老化の進展を防いでアンチエイジングや美肌作り、生活習慣病の阻止などに欠かせないビタミンになります。またこれら全てが摂取可能なホウレン草は、永久にキレイでいたい女性にピッタリの野菜です。

次にビタミンB2は活力(主に脂質)の新陳代謝やスキンや粘膜の作用をサポートしてくれます。肌や唇のカサつき、食事制限中に欠かせないビタミンになります。

ホウレン草から摂れる葉酸は赤血球の生成や細胞の新生を促すビタミンB群の一つです。妊活最中の方やすでに妊娠している方には必須の栄養素です。お腹の子の健やかな発育に大きく結びつきます。貧血症予防や骨粗鬆症防止にもおすすめです。

野菜や果物は美味しいシーズンと旬を外した時では、2・3倍も栄養価が違うといわれます。冬の季節のホウレン草に、夏場のホウレン草よりも約4倍ビタミンCが優れています。甘さの判断基準となる糖度は約9倍マシビタミンやミネラルを釣りあいよく豊潤に含まれる栄養いっぱいなのがホウレン草です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする